連覇 !! 第3回 JAPAN CUP

切り抜き詳細

発行日時
2018/5/6 19:13
見出し
連覇 !! 第3回 JAPAN CUP
リンクURL
http://morningcafe-yamcha.blogspot.com/2018/05/3-japan-cup.html 連覇 !! 第3回 JAPAN CUPへの外部リンク
記事詳細
今日も五月晴れ。気持ち良い朝です。
(ただ、連日の早起きなので、やたらと眠い。)

今日のジャパンカップでは、前回の優勝カップを返納しなくてはなりません。
右手に紙飛行機のキャリングケース、左手に優勝カップ、背中にリュックを背負って始発の電車に乗ります。始発なのに、座れる席が無い。

昨日修理、再整備した機体を調整するために早く現地に着きたい。でも電車は時刻表通りにしか動かないので、いつも通りの7時過ぎに到着。さっさとと準備して、朝練に入ります。




今回は、大型機で参戦することがテーマ。
今日の戦列は、昨日木に引っかかったものを回収してもらった機体を修理した大型機が1番機、大型機の試作機が2番機、以上。

でも今日は強風になる予報であり、大型機も十分揃っていないので、バックアップ機として従来機を2機スタンバイさせます。


4機も調整するのはとても忙しいのですが、初っ端からハプニング。一投目の1番機の胴体が、ポッキリ。
(なんてこった。)
予備の胴体は無く、以前骨折を修理した中古胴体に交換しました。やっぱり昨日の機体の修理の影響です。かなり大掛かりな補修だったので、各所が微妙に狂っているよう。丁寧に調整してなんとかなってきたところで、2番機の試作機調整に入ります。ココでまたハプニング。今日も空中衝突です。今回は打ち上げ直後のカタパルト機が高速で当たってきました。主翼前縁がダメージを受けた他、胴体も少し曲がりました。もう交換胴体は無いので、瞬間接着剤で応急処置。衝突直後のテストフライトでは、何とも影響がなさそうでした。でも、2番機とはいえ実質的に競技には使えないかも(どこかに問題は潜んでいるかもしれないので)。
急いでバックアップの従来機2機の調整に入ります。こちらは順調に終了。
気がついたら、もう受付開始時間です。なんとかやる事はやったという感じ。空は快晴ですが、心の中には暗雲が垂れ込めています。



競技は1セット5投を3セット。昼前から強風になる予想なので、昼休憩なしで進めるようです。
いつもお昼ご飯を食べるとダメダメになってしまうワタクシには良い条件かな?




1投入魂で15投すれば、そこそこ行くはずなんですが、その基本方針は1投目で崩れました。投げる瞬間に心の中の悪魔がチョッカイ出してきて、まともな発航ができません。行っちゃいけない方向ばかりに上がってしまいます。意気消沈した1セット目でした。

ちょっと悔しいものの、この時点で大型機は諦めて、バックアップ機に切り替えました。手で持った感じもこちらの方がしっくりくる感じ。5投目はサーマルに上手く乗って、場外視界ボツ。タイム的にも少し回復したかな?

2セット目までの集計を終えて、3セット目を開始します。

バックアップ1機をいきなり失ったので、3セット目は最後のバックアップ機でチャレンジします。3セット目になると、やはり予報通りの強風になりました。
ここでの1投目も再びサーマルに乗り、昨日と同じ木に吸い込まれてしまいました。これで準備したバックアップ機もすべて無くなりました。

万事窮す、という感じもありましたが、まだ最初に飛ばした1番機(大型機)が残っています。1セット目の体たらくの結果を踏まえて、尾翼取付角を変えて戦線復帰。
(今まで、競技中に尾翼取付け角を変えることはやったことがないが。。。)

皆様のハンドランチフォームです。





この発射角度と姿勢、絶対に真似できません。


この3セット目は、強風のために上空の気流も荒れていて、多くの方が、撃ち落とされています。
皆さん、タイムを伸ばせずに苦労しています。嫌な気流です。なかなか20秒を超えられない。

でも、、、
もしかしたらチャンスかもしれない。大型機が狙っている長所が出れば、逆転もあったりして。
問題は、発航時の悪魔のイタズラ。でも、悪魔はさっきまでの従来機が浄化してくれたみたいです。
主翼をバタバタさせながらも、大型機は荒れた気流で踏ん張ってくれます。

3セット全てを終えて、「こんなもんかな?」と自分を納得させていましたが、集計を終えてみると、なんと逆転優勝でした!



やっぱり3セット目は皆さん相当苦労されたみたいですね。
こんなフライト内容のワタクシが優勝してしまうなんて、ちょっと申し訳ない気持ちもありましたが、それはそれ、やっぱりウレシイです!
なんと、連覇なんです

重いカップをまた家に持って帰りました。でも、行きよりは軽い!


今日は、これを眺めながら、ビールをグビッと行きました。
うんめー!!

大型機。私にとってはまだまだ課題が多いです。
翼幅を約40mm拡大しただけなのに、全然違う特性になっています。
どうすればいいのか良く分かっていませんが、もう少し安心して投げられる設計に改善しないと。。。
なんか、ビックリするようなブレークスルーは無いかな?