ヴィータ


自分で作ってみた作品たち

アルバムトップ : 自分で組み立てた作品 : 04_フィギュア・ロボット :  ヴィータ
このカテゴリー内 39 件のうち 26 件目を表示しています。


ヴィータ高ヒット
投稿者あさぎりあさぎり さんの画像をもっと!   前回更新2013/5/19 21:43    
ヒット数1615  コメント数(5)    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
ご無沙汰しています、あさぎりです。

ほぼ半年ぶりのペパクラということで、以前作った水楽さんのヴィータを作り直ししてみました。
完全新作というわけではないのですが、これ上何も投稿しないと本気で忘れられそうなので(汗

作り直しということで、手袋、帽子のうさぎ、武器(デバイス、でしたっけ?)は前に作った白いのから流用しています。
(白いのは萌紙さんで公開してもらっています)
ほぼストレートに作っているので特にコメントすることがないのですが、目は完成後にリキテックスのグロスポリマーを塗っています。

ポーズに関しては取り付け角度を弄っただけで特に加工はしていません。


また忘れた頃に何か作って投稿します。一応いくつか手を付けているのはありますし、ノーザさんの新作も気になるところですし。
型紙の出典: http://moekami.himegimi.jp/download/dl64/vita_r.rar
sub_photo1sub_photo2sub_photo3sub_photo4

コメント一覧

投稿ツリー



全 5 件のうち 1 - 5 件目を表示しています。
ノーザラント  投稿日時 2013/5/19 23:41
あさぎりさん、お久しぶりです。
お元気そうで良かった。水楽さんはなんだか創作活動休止しちゃったみたいですよね。ちょっと寂しいです。

しかし、この作品、かなり無理な体勢だけど、台座はプラか何かですか?
こういう技使って、ちょっと激しいポーズ作ってみたいんだけど、仕組みがよく分からなくて…。
あさぎり  投稿日時 2013/5/20 19:20 | 最終変更
ほんと、おひさしぶりです。

久しぶりに作って一番驚いたのが「5本指が作れねぇ」って(爆)
実はこれの前にIAを作り直そうと思ったんですが、指で挫折しました(笑)
まあこの辺は場数こなせば感覚が戻ると思うので、できるだけ手を動かすようにしたいです。

で、この作品の構造ですが、ほんとに普通なんです。
台座も紙だし、支柱になるようなパーツ構成もありません。
よって身体は左足一本で立っている状態です。ほんと水楽さんのデザインはすごいです。
とはいえ、この作品ではポーズを若干変えたために重心位置がずれたのか、前傾になりがちだったので靴と足の接着を強化しています。
でもそれだけで立ってるんですよ。

あと台座自体は紙なんですが、あとでへにゃへにゃになるのを防ぐために発泡スチロールの板を貼り重ねています。


ノーザラント  投稿日時 2013/5/21 0:09
なるほど、発泡スチロール板が下に貼ってあるのか。
それじゃ、倒れないわけだ。

ちなみにIAは倒れます…。ブーツの構造を再現したのがそもそものミスだったかも。

指は難しいよね。Clariceの簡易な手バージョン作ったので、そのうちアップします。
ねろ   投稿日時 2013/5/24 13:11
 自分も暫く期間を空けた後の組立てで、自分の設計した作品なのに
こんなのどうやって作れって言うのさと感じた事がありました。
かと言って四六時中組立てしている訳にもいかず、適度に別な時間も過ごしたい…。
(水楽さんは、ご休憩中だと捉えています)

 目にグロスポリマーを塗る仕上げ表現も面白そうですね。
あさぎりさんを参考に、以前、こぼしたボンドがソフトコンタクトみたいに固まったのを
思い出したので、試験的に顔を印刷した用紙にボンドを塗ってみました。
紙がニジんだり縮むので、初回に薄く、仕上げにボッテリ盛って行けそうですが
大変なのは目の輪郭の塗り分けでした。(ボンドの選択は身近にあった物なので)
目をくり抜いて別に目を製作すればリアル仕上げになりそうです…。(以上、実験まで)
あさぎり  投稿日時 2013/5/24 21:20
>ノーザさん

≫発泡スチロール
でも水楽さんの作品だと厚紙のみでちゃんと立っているので、これを貼ったから立っているという訳ではないと思います。
あくまでも「後でへにゃへにゃになるのを防ぐ」のが目的です。

≫五本指
作るからには五本指でないと(笑
そのうち挑戦しますよ。

>ねろさん

≫目にグロス…
実は私そういうのが好きというか得意で、ノーザさんのサイトの作品で多用してました。トレーシングペーパーにクリア塗料とか(笑)
一つのパーツに色々な艶、というのには向きませんが、ワンポイントのアクセントにはこの手の塗り仕上げも使えると思います。

全 5 件のうち 1 - 5 件目を表示しています。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
メッセージアイコン
投稿本文 url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル SAMPLE
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]
オプション